東京ドイツ村イルミネーション2017-2018|入場料や割引、アクセスや混雑状況は?デートに最適!

東京ドイツ村は、千葉県袖ケ浦市にあるテーマパークで、自然と人が共に過ごせるををテーマにしています。

東京ドイツ村(別名「千葉独村」千葉独村でグーグル検索すると、しっかり東京ドイツ村がでる)は、敷地面積は27万坪で、畳でいうと54万枚分もあ理、広大な敷地を持っています。

この冬、この広大な敷地にイルミネーションが出現。毎年イルミーションランキング上位に輝き、関東三大イルミネーションにも選ばれています。

昼間は自然と共に過ごし、夜は光と共に過ごすことができます。約300万球のLEDとの共生は、感動すること間違いなし!

ドイツなだけに?!冬の寒さは猛烈です。でも安心してください。何と車で園内に乗り入れすることができるのです!車の中からイルミネーションを見ることができます。これで寒さに弱い人も安心。

東京ドイツ村のイルミネーションの見所や周辺のおすすめスポット、
東京ドイツ村の開催期間、基本情報、
東京ドイツ村の料金や、割引情報、
東京ドイツ村のアクセスや混雑状況を、
わかりやすくご案内させていただきます。

スポンサーリンク
レクタングル大




東京ドイツ村基本情報(期間や時間や料金や割引など)

東京ドイツ村2017ー2018開催期間や時間

東京ドイツ村イルミネーションの開催期間はかなり長いです。

開催期間:2017年11月1日(水)〜2018年4月8日(日)
点灯時間:16:00頃~20:00
※点灯開始は季節によって異なります
期間中雨でも基本開催されます。ただ、悪天候の場合は開催されないので要確認。

クリスマス、お正月、バレンタイン、ホワイトデー、花見の時期までイルミネーションが見れます。日本国内最長クラスですね。暖かい時期に、イルミネーション見れるのは、珍しいですね。

東京ドイツ村園内では収穫体験もできるので、筍掘りをしつつ、花見をしつつ、イルミネーションを見るという合わせ技が可能です。

東京ドイツ村2017ー2018料金や割引情報

イルミネーション期間中は駐車料金のみがかかり、徒歩や公共交通機関利用の場合だけ、入園量が発生します。

車での入園は最大乗車人数まで2500円。入園料は0円。
徒歩公共交通機関利用の場合は、一人500円。

車に乗ったまま入園ができます。園内の各所にある駐車場に停めることができ、園内車で回れる快適テーマパークとなっています。小さなお子さん連れの場合も安心です。

イルミネーション期間が終了すると、値段が変更されますので注意。

JAF会員であれば、駐車料金イルミネーション期間200円引となります。

その他備考

園内で子供(友人)とはぐれてしまった場合、マルクトプラッツ内インフォメーションで呼んでもらうことができます。

ペットを連れて入ることは可能ですが、犬のみとなります。わんちゃんランド以外、犬を車外に出すことは出来ません。

◆名称  :ウィンターイルミネーションメ☆ル☆ヘ☆ン~ときめきスマイル

◆開催期間:2017年11月1日(水)〜2018年4月8日(日)

◆料金  :車1台(最大乗車人数まで)2500円、徒歩のお客様(4歳以上)500円

◆点灯時間:日没後から20時まで(時期により異なる)最終入園19:30

◆電球数 :約300万球(LED)

◆駐車場:3000台

◆問い合わせ先:0438-60-5511 東京ドイツ村管理事務所

◆公式サイト:東京ドイツ村公式

東京ドイツ村見所

今年で12回目を迎えるイルミネーション。広大な敷地に配置された300万球の電飾は圧巻。今にも妖精や小人が出てきて、夢の世界に連れて行ってくれそうです。

広大な土地のイルミネーションを全てみることは難しいです。そこでおすすめが観覧車です。高いところから東京ドイツ村のイルミネーションを一望し、このイルミネーションを自分のものだけにした気分になれます。

遠方に見える横浜の夜景とイルミネーションのコラボレーションは、一番の思い出になること間違いなし。ぜひおすすめ!

前長約70メートルに及ぶ虹のトンネル。まるで、夜の虹の中を歩いて渡っているような気分にさせる、絵本に出てきそうなトンネル。日本で初めてレインボートンネルを始めたのが、東京ドイツ村です。目の付け所が素晴らしいです。

AIさん(@beagle13ai)がシェアした投稿

音楽に合わせたイルミネーションや3Dイルミネーション。毎年どんどんパワーアップしていきます。広大な敷地を利用した3Dイルミネーションは、もはや芸術の世界です。光と音で彩られたキャンバスは、光と自然の共生です。

夕暮れ時も美しいです。自然の美しさから、光と音の世界への移り変わり。この瞬間も素晴らしいです。

東京ドイツ村アクセスや混雑状況

東京ドイツ村のサイトにて、混雑しそうな日がカレンダーがわかるようになっています。カレンダーを見る限り、土日祝日、クリスマス、年末年始、イベント前後以外は、そこまで混まないと思われますが油断は禁物です。

混雑する時は、数時間待つことになる場合もあるので注意。

東京ドイツ村の利点として、車で回れることができるので、車で回る場合は寒さに関しては大丈夫!ただ待つのは疲れるます。

可能であれば朝一番や、早めに入園しておくことをお勧めします。天気の悪い日も人が少なくなりますが、イルミネーションが悪天候の場合中止されるので注意。

東京ドイツ村の見所は、イルミネーションだけではないので、明るいうちにアトラクションを楽しんだり、イベントを楽しみましょう。冬の時期のみかんがりはおすすめ。

冬の寒さと料金を考えると、車で行くのがベストです。

東京ドイツ村周辺おすすめスポット

マザー牧場

千葉と言ったらここですよね。言わずと知れた最強スポットです。

広大な土地に飼育されている数々の動物たち。その動物たちと触れ合うことができます。羊やアルパカやヤギに餌をあげることも。羊はもちろんウール100%!羊たちの大行進はびっくりすること間違いなし。羊を見ながらラム肉を食べることも。

季節に合わせた花を楽しめ、味覚がりを楽しむことも。
なぜかバンジージャンプもできる。

三井アウトレットパーク木更津

自然を楽しむ前に買い物楽しむならベスト。

東京ドイツ村も犬を連れていくことができますが、こちらも犬連れが可能です。散歩しながらわんことウィンドショッピング。

1日では見足りないぐらいのお店があるので、東京ドイツ村に行くのを忘れないで。

海ほたる

海ほたるを通って、ドイツ村に行くのであればおすすめ。

東京ドイツ村は、イメージとしては大自然の中の山。山へ行く前に海の真ん中で、潮風を楽しみましょう。美味しいグルメスポットがたくさんあります。

ちょっと疲れたら足湯に入ることも。こちらも犬連れが可能です。

ダチョウ王国

珍スポット!?世界最大の大きさのダチョウを、日本最大のダチョウ飼育数のダチョウ王国が、ダチョウの触れあいを提供し、四季折々のダチョウの姿を楽しめるレアスポット。

ダチョウ以外にも、アルパカ、ヤギ、ミニブタ、カピバラ、うさぎ、モルモットとふれあい体験ができます。

ダチョウ肉を食べることもできるし、目玉はダチョウの卵を使った巨大目玉焼き。

終わりに

東京ドイツ村はドイツ感がないことで有名ですが、イルミネーションはドイツ並か、もしくはそれ以上のレベルです。昼間の顔と、夜の顔のギャップに、びっくりすると思います。

車でそのまま入れるのは、サファリパークもびっくりです。

暖かい車の中からイルミネーションを見て目を楽しませ、車から流れる音楽で耳を楽しませ、車の匂いを柑橘系で満たし鼻を楽しませ、あなたの温もりで相手を満たしてあげれば、デートの成功も間違いなし!

東京ドイツ村で、良い思い出を作りましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大