給食ハラスメントに負けないで!頭を使ってこっそり給食を残す方法

体験・取材・調査

給食。その日の献立で、天国にも地獄にもなる。

ドライカレー、フルーツのヨーグルト和え、冷凍みかん。毎日天国のようなメニューが続けば良いと思っていた。

給食。あの日の献立は忘れられない。地獄の献立だった。

僕は肉料理が子供の頃から得意ではない。小学校の時の給食。大っきらいな豚肉の生姜焼きの日。いつもは我慢しながら食べていた。でも、今日の生姜焼きはいつもと違う。

生姜焼きの親分のような、脂肪の塊がでてきたのだ。思い出すだけで吐き気がする。

「先生、むりです」僕はハッキリ言った。

小学5年生の時の担任の先生は、一切給食を残すことをゆるさなかった。いつもどうり「無理矢理でも食べなさい」の返答だ。

僕は、豚肉の生姜焼きの脂肪の親分を口にした。「ウェッ」の一言で吐き出し、床には生姜焼きの親分が転がっていった。

厳しい先生だった。さすがに床に落ちたものを食べろと言わなかった。

食事を無駄にした罪悪感。気持ち悪さ。そして、食べずにすんだ幸福感が同時にやってきた。

その気分は、嫌いな虫を倒したときに似ている。虫を倒した罪悪感、気持ち悪さ、そして、虫と同じ部屋にいなくてすむ幸福感。

被害者は僕だけではなかった。

どうしても食べれない物が出てきても、全て残さず食べなければいけない。食べることができず、黙って嫌いな給食が入っている器を見続ける。

そして、給食の時間が終わり開放されるかと思ったら、そのまま一人給食延長。どんなに時間がかかっても食べなければいけないのだ。昼休みになっても食べることができず、最後は泣きながら嫌いなものを食べる。

そんな被害者を何人も見てきた。

これは学校、先生による、給食ハラスメントに間違いない。でも、未成年で小学生の僕には、どこにこの気持を訴えればいいかわからなかった。

未成年の僕に、小学生の僕に、人権はないのか。

天国にも地獄にもなる給食。そんな、地獄の給食を乗り越える方法を編み出した。

学校も先生も味方になってくれず、給食ハラスメントを続けるのであれば、頭を使って給食を残せばよいのだ。

僕は嫌いな食べ物は全て残した。

先生はあいかわらず厳しかった。給食をこっそりと誰にもわからず残す方法をあみだし、この苦難を乗り越えた。

給食を残さず食べることは、教育としてわるいことではないかもしれない。成長過程であるのに、安易に食事を残すことは体に良いとは思えない。

でも、どんなに頑張っても、食べれないものはある。無理なものは無理だ。

ほぼ強制で食べさせられると、どんどん嫌な気持ちだけが頭に残って、どんどん嫌いなものを食べられなくなる。大人になってもこの嫌な気持ちは残り、食べることはできない。トラウマになってしまうのだ。

僕の担任の先生のが特別厳しかったのかもしれない。でも、今の時代も似たような先生はいると思う。

今の時代の小学生、中学生、給食を食べている学生に、僕が給食を食べていた時代に編み出した、超厳しい先生の目をかいくぐり、誰にもわからず給食を残す方法を紹介させて頂く。

スポンサーリンク

給食をこっそりと誰にもわからず残す方法

紹介する方法は、僕が給食を食べていた時代の話のため、今の時代に通用しない可能性が高いのでご了承ください。

※食事は無駄にしないように。

秘儀コッペパン切断イリュージョン

僕の時代はパン食が多く、パンに限っては、持ち帰りしても良かった。この限定ルールを使った技だ。

パン(中身をくり抜いて隙間ができるパン)を半分に切り、中身だけをくりぬいて食べる。この時外の皮は食べないようにする。トンネルを掘るイメージだ。そこに嫌いな食事をいれて隠し、半分に切ったパンを一本にする。

そのまま給食袋に入れて、家に帰って犬のごはんにする。一般的な食パンが出てくると使いにくい技だ。

秘儀播州皿屋敷の術

誰よりも早く給食を食べる。

給食の終わりの時間になったら、誰よりも早く率先して、一緒の班のお皿を片付ける。

あらかじめ、できるだけ底が深いお皿に嫌いなものを移動しておく。

バレないように、嫌いなものが入った自分の皿の上に皿をかさねていく。

多少バランスは悪くなる。バレることはまずない。

秘儀給食ナフキン瞬間移動

給食ナフキンやランチョンマットの上に、あらかじめ嫌いなものを置いておく。この時、お皿の影、見つからない場所に設置。

給食時間の終わりとともに、嫌いなものを一緒に折りたたんで行く。折りたたんだら給食袋に入れる。

若干もっこりするが気にしない。

秘儀二人羽織の術

食べることが好きな人が近くにいるのであれば、先生にバレないように嫌いなものを移してあげよう。

光の速さで行動すればバレることはない。

秘儀人質開放作戦

あらかじめ給食当番の人に交渉し、嫌いなものをいれないよに頼むのだ。

自分が給食当番になった時はラッキー。嫌いなもを残し放題。好きなもの食べ放題。

秘儀風呂上がりの牛乳一気飲み作戦

嫌いなものを我慢して口に入れる。その時、かむ必要はない。

牛乳のパックを開き、牛乳を飲んだふりして、パックの中に嫌いなものを戻す。牛乳はあらかじめ飲んでおくのがベスト。

終わりに

給食は楽しい時間であることが理想だ。

食べられないものを無理やり食べさせられると、一生のトラウマになってしまう。現に僕は豚肉の生姜焼きを永遠に見たくもない。

今の時代の人、後世の時代の人、同じようなトラウマにならないようこの記事を書いた。

秘儀を使うのは良いが、食事は無駄にしないように。

コメント