スターバックスライトダウン|キャンドルナイトとオリガミとラテの夜

みなさん、こんばんは。
ネコテラスです。

本日は夜のスターバックでラテを飲んでいます。ベローチェへの愛を綴ったばかりですが、スタバに現れた理由があります。

超、超、超、期間限定イベント、スターバックスライトダウンのために足を運びました。

もともと貧乏性のせいもあるのかかなりの節電野郎で、夏に冷房つけない、冬も暖房つけない、最近寒くなってきて凍死しそうになります。

スターバックスの省エネや環境対策に対する気持ちに共感し、イベント報告を兼ねて体験してみました。

スポンサーリンク
レクタングル大




期間限定イベント|スターバックスライトダウンNothing is Charmingとは

2017年12月11日(月)19時〜20時の期間限定イベント。

この日は京都議定書制定から20周年。東京スカイツリーやよこはまコスモワールドの大観覧車などの協力施設と、スターバックス481店舗が、明かりをなくすライトダウンを同時に実施。

ライトダウンの実施時間は、スマートフォン、PCなどの電子機器の使用を控え、「ない」ことを楽しむ、非日常的な空間になります。

ネコテラスが足を運んだのは、中野駅前のスターバックス店です。

スターバックスとアップルは組んでいるのですか!?パソコンはマックだらけ

イベント実施直前の2時間前からスターバックスに居座っています。スターバックス中野店の2階席は全部で約50席で満員。

イベント開始前のスタバの電気の使用状況は、ほのかで暖かな照明が照らし、暖房は暑いぐらいの勢い、耳馴染みのクリスマスソングもガンガン流れ、店内のお客さんの(自身を含める)パソコンの使用状況は15台。スマホの利用率は数え切れないぐらい。

驚いたのが、パソコン使用者の15人中10人に、マックのりんごマークが輝いている。自分もりんご全開だが、スタバマック率ここまで高いとはびっくり。世界のパソコンOS利用率はマック9%と聞いたばかりなのに。

主観ですが、イベント直前の電気の利用率はかなり高いです。イベント趣旨を理解して、パソコン使用者とスマホ使用者が、電源を切ってイベントに理解を示し、照明もない、PCもない、スマホもない、そんなないないの状況を楽しめるのか!?

イベント開始とともに、人が帰ったら笑います。

スターバックスでキャンプ気分

19時を過ぎてもライトダウンしない中野スタバさん。以前としてライト全開、暖房全開、マック全開、PC、スマホ全開である。

予定時間を少し過ぎてから店員さんが現れる。ローソクを予想していたが、ローソクを模したLEDライトだ。火事になる可能性もあるのでやむを得ない。席を一つずつ二人組で歩き、今回のイベントの趣旨を説明。

スイッチ式のLEDライトと、それにかぶせる折り紙がたランタン。久しぶりだなと折り紙をおるも、山折り、谷折り、案内の通りに試すと、できたのは激突して鼻を骨折したマンボウ。

店内の人たちは意外にもイベントに積極的。折り紙を折るガサガサという音が店内に響く。一部の人はイベントの話を聞いて帰っていた。

時間をだいぶ過ぎて19時20分前後に消灯。

オレンジ色の温かい明かりが各テーブルを照らし出す。窓側もカーテンを閉めたため予想以上に店内は暗い。寝室を照らす間接照明ぐらいの明るさだ。例えるなら、キャンプの最後にキャンプファイヤを行い火がだんだん消えゆく中、会話も途切れ途切れになっていく。そんな感覚だ。

自分が想像していた以上に雰囲気が出ている。ただ一つ言いたいのは、耳慣れたクリスマスソングを流し続けるBGMいらなかった。変わらず大音量で流れるので、心を静かになれない。

「PCはなるべく利用しないでいただきたい」と言われたパソコン利用の人たちは、なんとスマホをいじりだす!

確かにPC利用を控えてとは言われたが、スマホについては何も言われなかった。なかなか頭の良い人たちだ。しばらくするとまたパソコン利用を開始。

予定より短くはなったが20時で終了。40分という短い時間であったが、普段見れないスターバックスの顔を見たのは貴重だ。

終わりに

スターバックスライトダウンのイベントは大成功だったと思う。はっきりといえば、暖房もBGMも流しっぱなしで、少しの時間だけ照明を消しただけでは、節電としては高が知れている。

ただ、スターバックスという誰もが知る大企業が19時〜20時というかきいれどきに、節電温暖化対策に積極的に協力して周知したことは立派な行為だ。

とりあえずやってみようとお偉い様がたがゴーサイン出したのか。そういった気持ちは大切だ。今後もどんどん挑戦的なイベントをやってほしい。

スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大