キモオタのネトウヨから学んだイケメンになる方法

キモオタくんは卑屈な顔をしながら悪口を言っていた。
たまにある飲み会で、ストレス解消の為にに悪口をいっているのではない。彼にとって悪口は日常の会話で、相づちのようなものだ。
どんなにポジティブな話をしても、悪い言葉を返してくる。
お賽銭を入れたら、神様が悪態をつくようなものだ。

キモオタくんとは長く関わってきたが、ポジティブな話を聞いたことがない。
ポジティブな話はネガティブな話となり、
ネガティブな話はよりネガティブな話になる。
好きなアニメの話をすれば、良い話がきけると思えばそうではない。
「最近のアニメはろくなのないな」という話になる。
趣味の話しも、やがてはネガティブな話にかわっていく。

彼が一番楽しそうに話をする話題は、ネトウヨ話をしているときだ。
ネトウヨ話になったら話が止まらない。
どこかのまとめサイトや、掲示板に書かれているような本当かウソかわからない話を、生き生きと楽しそうに話しをするのだ。
楽しそうにしていても、口に出している言葉は悪口ばかり。

彼の思考は全て否定ではじまる。
「いいえ」と嘘発見器の診断をうけている人のように、すべての話を「いいえ」という名の否定で返してくるのだ。
「すべていいえで返してください」とお願いしたわけでもないのに。

強力なマイナス思考のキモオタくん。
プラス思考のときもある。女性にやさしくされたときだ。
同じ女性にやさしい対応をしてもらったことがある。
ぼくは「やさしい人だな」で終わったが、キモオタくんは「自分のこと好きなんだ」と思い込んだ。
ちょっとやさしくされただけで、自分のことを好きだと勝手に思い込みだすのだ。
なぜ、そこだけプラス思考なのか意味がわからない。
いつなにかやらかしてもおかしくないような人だ。

性格がよいといえるはずがないキモオタくん。
見た目でどんな性格なのか予想できてしまうキモオタくん。
イケメンとはいえないキモオタくん。
もちろん年齢イコール彼女いない歴だ。

コンプレックスの塊のようなキモオタくんにとってこの世界は、否定すべき世界なのかもしれない。誰かを否定したり、悪口を言うことで、じぶんより見下げることができる。
自分より低い対象を必死に探して、否定することによって、否定対象より上にいると思いこむ。
誰かを否定することによって、自分の評価が上になると思い込んでいる人なのだ。
実際は自分が上にいるとはいえない人間なのに。
会話の内容が、なんとかして揚げ足をとろうとする話ばかりなのも、これが理由だろう。

否定ばかりしているキモオタくんを、ちょっとでも否定すると火病をおこす。
なんの取り柄もないのにプライドだけはやたら高い。

そんなキモオタくんを見て思ったことがある。
パット見イケメンとは言えないが、「この人こんなイケメンな顔するときがあるんだ」と思ったことがある。それは、みんなで集合写真をとることになったときだ。

僕は写真を取られるのが嫌いだ。いつも集合写真の時は、だれかの影に隠れたり、写真そもそも避けたりする。その集合写真を撮るときもいやいやだった。
キモオタくんも写真嫌いだった。僕もキモオタくんも、直前まで嫌がっていた。
みんなで集まり集合写真を取り、後日出来上がった写真をもらった。その写真には、イケメンに映るキモオタくんの姿が。
一緒に映る僕は、いやいや取られているのが丸わかりの顔をしていた。

なぜ、キモオタくんがこんなにイケメンに映ったのだろう。

キモオタくんは、常に世の中をわるくとらえる。頭で思うだけでなく、常にそれを口に出していく。

写真を取られる瞬間、世の中を悪くとらえる考えやは言葉は、その一瞬だけ消えてなにも考えずに写真を撮られた。
反面、僕は写真を撮られる瞬間ですら、「いやだな。早く終われよ」と思っていた。

人間が考えたり、思ったり、口に出したりしている言葉。その言葉のエネルギーのようなものは、常に相手に伝わっているものなのではないか。
言葉に出さず、頭の中で悪いことを考えているだけでも、それは相手に無意識に伝わっていき、その負の感情を伝えているのではないか。
人はそのエネルギーを人間として見ているのではないか。
一見、目で見ているように見えているものが、実はそのエネルギーを可視化しているだけなのではないか。

常に悪い考えを持っているキモオタくんは、イケメンにはみえない。
でも、写真を撮られた瞬間、悪い考えがまったくない瞬間を撮られたキモオタくんは、イケメンとして写真に映っていた。

写真を取られる時、「いやだな。早く終われよ」と思っていた僕は、決して良い写真とは言えない出来上がりだった。

人間が思ったり、言葉を出したりしていることが無意識に伝わっているのであれば、常にフラットな心を持つか、ポジティブな心を持てば、相手によい心を伝えることができる。
そして、そんなエネルギーを持つ人が、イケメンに映るのではないか。
常に一定で、いつも温かい太陽から、悪いイメージを想像できないように。

メイクしたり、整形して顔を変えたり、服装を変えたりして、見た目を変えてから、心を変えることもできるかもしれない。
まずイケメンになるためやるべきことは、自分が何を考え、自分がどんな言葉を口にしているか、それを知り変えることなのではないか。

1枚の写真から大事なことを教えられた気がした。

スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大