江ノ島で片山被告(パソコン遠隔操作事件の犯人)に出会った話

こんにちは。
ネコテラスです。

昔、江ノ島の島の中に住んでいました。
江ノ島、江ノ島の猫、海を見ること、鎌倉がすきで、毎週末江ノ島でエネルギーチャージをし、鎌倉で座禅をして家に帰る。
この一連の作業を、当時毎週のように続けていました。
毎週行くのはめんどくさい、どうせなら住んでしまえと江ノ島に住みだしました。

江ノ島でパソコン遠隔操作事件の犯人片山被告に出会うのは、まだ事件を起こす前の話です。
片山被告は、現在懲役8年の刑期で服役中。

スポンサーリンク
レクタングル大




江ノ島名物3枚並ぶ座布団ネコの謎

江ノ島での生活は、仕事に行く前に江ノ島の神社で参拝をして、それから出勤をします。週末は、江ノ島の島の中を散歩して、島内の猫をモフモフするのが毎日の日課です。

江ノ島の猫は島の中をよくパトロールしています。
僕も江ノ島の猫が無事かどうか確認のためパトロールします。

江ノ島の島の中に入り、坂を上り階段を上ったところに、最初の神社辺津宮があります。ほとんどの人は辺津宮を参拝してトンボ帰り。
その奥に中津宮、奥津宮とあり、パワースポットと言われるのは、どちらかというと奥の方の社です。
最初の辺津宮の神社の先、最初のエスカーを上って左、階段を降りて亀がいる小さな池がある前、そこにちょっとした腰をかけれる場所がある。

そこに座布団を並べている人がいるようで、座布団の上で猫がよく三匹丸くなって寝ていました。

毎週のように座布団並べられて、その上に猫が気持ち用さそうに寝ているので、誰が座布団を敷いているのか気になっていました。

猫が並ん寝ている写真は、いろんなSNSで見ました。
今だったらインスタ映えすると、写真をたくさん撮られたのかもしれない。

週末江ノ島を散歩をしていると、例のごとく座布団の上で猫が寝ていました。

いつもと違うのは、そこで猫の解説をしている人がいることです。
「この猫の名前は〇〇」、「性格は〇〇」と満面の笑顔で語っていました。
結構な人だかりができていて、人気もあったようです。
「この人が座布団を持ってきているのかな?」と疑問に思っていました。

ある時、座布団を敷いている姿を目撃。「やっぱりこの人か!」ぼくは思いました。
「よっぽどの猫好きなんだな」と。

それから週末に散歩をすると、毎週の解説している姿を目撃したのです。。江ノ島に住む前から、週末に江ノ島に行くと、毎週のように座布団は敷いてありました。もしかしたら、片山被告が毎週のように座布団をしいて、猫の世話解説してたのかも。2005年ぐらいから、江ノ島に座布団敷いてあったと思います。

猫好き犯罪無縁論

同じ猫好きの同志として、声をかけようか迷いました。いつも人だかりができていて、なかなか話す機会がなく、結局話さずに終わってしまったのです。

この人は、猫好きの動物好きで、眉毛の太い良い人で、犯罪など絶対しない人だろうと、勝手な先入観を持っていました。

この法則を、猫好き犯罪無縁論と勝手に名付けていました。

江ノ島から引っ越して何年かたった後、テレビでパソコン遠隔操作事件の犯人の写真をみてビックリしました。
「あの猫好きが犯人!」ここで猫好き犯罪無縁論崩壊。

片山被告は、江ノ島の猫の首にUSBをつけていたことがありました。
あのグレーの猫はいつも座布団で寝ている猫で、猫の雑誌にも紹介された、江ノ島のアイドル猫です。

私も大好きな猫で、よく散歩の途中モフモフしていました。
最近は江ノ島に行っても、グレー猫を見ることはなくなりました。
気になります。

終わりに

猫好きだから犯罪無縁ということはないですね。

片山被告の犯罪は許しがたい行為です。ただ、同じ猫好きで、同じ猫を可愛がったものとして、刑期を終え学んだプログラミング技術を人のために生かし、しっかり更生してほしいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大