初めての婚活にスポーツコンや趣味コンをおすすめする7つの理由

体験・取材・調査

結婚したいけど恋人がいない。恋人がほしいけど出会いがない。出会いがほしいけど場がない。出会いの場(婚活)に行きたいけど敷居が高い。

こんなこと考えたことありませんか?

そんなあなたにおすすめするのは、スポーツコン、趣味コンです。

初めての婚活、婚活初心者に、おすすめできる理由をまとめました。

自分の好きなことをして出会いを求めましょう。

スポンサーリンク

趣味コン、スポーツコンとは

趣味コンは、共通の趣味を持った人達、または興味ある人達であつまる出会いのイベントです。

主な趣味コン
料理コン・スイーツビュッフェコン・ワインコン・陶芸コン・キャンドルコン・たこ焼きコン
美文字コン・利き酒コン・藍染体験コン・そば打ちコン・食品サンプルコン・マンガアニメコン・ゲームコン・美術館コン・カラオケコン・謎解きコン・占いコン・農業コン・ボードゲームコン・お花見コン・

スポーツコンは趣味コンと似ていますが、主に運動をしながら交流する出会いのイベントです。

主なスポーツコン
フットサルコン・ボルダリングコン・バスケットボールコン・バレーボールコン・バドミントンコン・卓球コン・テニスコン・ゴルフコン・ヨガコン・ランニングコン・ハイキングコン・ウォーキングコン・運動会コン・スカイダイビングコン・

初めての婚活にスポーツコンや趣味コンをおすすめする7つの理由

婚活することへの敷居を下げてくれる

婚活という言葉重くないですか。

婚活しにいくということは、これから異性にあって、自己紹介して、会話して、連絡先交換して、それからデートの誘いをして・・・いろいろな考えが頭をめぐります。

婚活に行くことは、出会うことが目的の100%です。そんな出会うことが目的の自分が嫌になりませんか。「ガツガツしているみたいで嫌」とか。

婚活ではなくスポーツコンや趣味コンではどうでしょうか。

例えば、趣味コンの座禅コン行くとします。もともと興味があった座禅に参加できる。座禅に参加することがメインで、ついでに出会いもついてくる。

「出会いはおまけ」ぐらいの軽い気持ちで楽しめます。

ただ、1点注意があります。スポーツコンや趣味コンにに行くと、こんなことを言う人がいます。

「座禅したかっただけなんで、出会いはお断りです」

あくまで「コン」がつくから、出会いを目的にした人が集まります。趣味やスポーツをするだけなら他でもできます。

出会いを0%にするのではなく、趣味やスポーツと出会いは半々ぐらいで考えましょう。

興味がある、自分の好きなこと、やりたいことを選べば、出会いが無かったとしても損した気分は小さい

スポーツコン趣味コンには、様々なイベントがあります。

様々なイベントの中で、自分が好きなこと、得意なこと、興味があること、一人ではできないこと。そんなスポーツコン趣味コンをを選ぶと、たとえ良い出会いがなくても、自分がやりたかったことをやるのだから、出会いがなかったと時のダメージが小さくなります。

「あー、今日1日楽しかった」と終わることができます。

もちろん楽しんで、良い出会いがあるのがベストですね。

人見知りや会話が苦手でもなんとかなる

人見知り、会話が苦手だと、異性と話し続けることは辛いですね。

スポーツコン趣味コンではどうでしょうか。

共通の趣味があるから話題に困らない。自分が好きなこと、得意なことなら、話題がなくなることは少ないです。

スポーツしている間言葉はいりません。必要なのは一緒に汗を流して楽しむこと。会話も楽しんだ瞬間の話をしていれば問題ないです。

人見知りなんて気にする必要はないです。会話も最小限でなんとかなります。

その道のプロフェショナルは人気者になれる

僕が参加したバドミントンコンでこんな人がいました。

その人は、長らくバドミントンを続けていた人で、まわりに比べて圧倒的に上手でした。持ってきたマイラケットは金色で、目立ち、うまく、輝き、モテモテでした。決してカッコイイとはいえない人だったにもかかわらず。

スポーツコン趣味コンでも、その道のプロのであれば、ヒーローになれます。誰にも負けないスポーツや趣味があるのであれば、他の人に比べて一歩優位に立つことができます。

そんなプロの人が、初心者に指導してあげれば、心を開くこと間違いないです。

友人や同僚に休みの日の言い訳ができる

婚活をした翌日、同僚に「休みの日なにしていたの?」と聞かれて、「婚活」と答えられますか?

婚活初心者の人ほど、言いにくいと思います。できることなら、婚活していたことを誰にも明かすことなく、一人胸の内に秘めて隠しておきたいものではないでしょうか。

スポーツコンや趣味コンだったらどうでしょう。

例えば座禅コンだったら、座禅に行ったといえるし、座禅の感想を言うこともできる。

座禅に「コン」をつけて言う必要はないです。出会いがあった、なかったも言う必要もないです。座禅に行った事実だけ伝えれば問題ないです。けっして嘘はついていません。

同性と友達になり、そこから新たな出会いができる可能性もある

意外かもしれません。婚活にもかかわらず、スポーツコンや趣味コンでは、同性と仲良くなり、友達になることもあります。

共通の趣味があるから話しやすく、仲良くなりやすいことが理由だと思います。

共通の趣味があり、共通の目的の出会いがあるため、スポーツコン趣味コンで出会いがなくても、仲良くなった同士で、合コンを開いたり、別の婚活に一緒にでかけたり、交流の場が広がります。

スポーツコンや趣味コンは友達づくりにも最適です。

共通の趣味スポーツが理由で交際に発展しやすい

共通の趣味があれば、デート場所や話題に困りません。

スポーツコン趣味コンは、自分が好きなこと、興味あることを、得意なことを理由に参加する人がほとんど。同じ趣味があるのであれば、その後のデート場所にこまることは無いです。その趣味に関するデート場所を選べば問題ない。

会話も共通の趣味でなんとかなる。デート場所会話に困りにくいから、最初の出会いから、次の出会いにつながりやすい。次に繋げるきっかけがつかみやすいから、交際に発展しやすいです。

終わりに

婚活は敷居が高い。

スポーツコン趣味コンで敷居を越えることで、婚活への抵抗が小さくなり、堂々と婚活に参加することができます。

初めての婚活、初心者の方に、ぜひおすすめできるので参加してみてください。

コメント