日本で働き存在するグレイ型宇宙人とコンタクトできなくなり学んだこと

宇宙人といえばどんなお姿を想像するだろうか?

身長は小柄、手足と指が異常に長く、全体的に細身だが、お腹は中年太りのように出ていて、目は大きく、鼻はないが、耳は大きい。顎が細くて、頭は異常に大きい。そして全体的に灰色がかっている。

こんな姿を想像するのではないか。

宇宙人の種類で言ったら、「グレイ型」と言われる宇宙人のイメージだ。

あったこともないのに特徴を想像できるのは、テレビ番組、ネット、本、映画、様々なメディアの影響ではないだろうか。

僕は、UFO、宇宙人、超常現象、心霊番組そういった類が好きで、矢追純一のUFO特番があれば、TVに食い入るように見ていたものだ。

小さい頃は、宇宙人によるキャトルミューティレーション(宇宙人による誘拐)を本気で恐れ、夜も寝れないことがあったぐらいだ。

宇宙人はメディアで見たとおりの姿をしていて、下手したらキャトルミューティレーションされて、どこかの星の人間牧場で飼われることになる。

そんな先入観まるだしの僕の職場に、想像どうりの宇宙人がやって来たことがある。

スポンサーリンク
レクタングル大




宇宙人はいるのか!?職場に現れたグレイ型宇宙人

職場で「新人がやってくるので、教えてやって」先輩に指導をお願いされた。
よくある話で気にもとめなかった。

やって来た新人は、前髪がパッツリキレイに揃っていて、顎が細く、目は大きく充血気味、耳は大きく縦に長い。身長はそこそこで細身。手足と指は異常に長い。性別はオスと思われる。そして、今にでも犯罪をしそうな雰囲気をまとっている。

僕は思った。「こいつグレイ型だな。どこの星からやって来たのだろう」すぐにつけたあだ名は、もちろん宇宙人。

「地球外生命体が、UFOに乗ってわざわざ日本に出稼ぎに来るとは」
遠い星の経済の心配もした。

「現時点で宇宙人と気づいているのは僕だけか」そう思っていた。

宇宙人と出会った次の日、友人と一緒に電車で出社した。僕が椅子に座り、友人はつり革につかまって話をしていた。

「昨日、宇宙人に仕事教えたよ!種類はグレイ型に!」

「そのまんま宇宙人でびっくりした。テレパシー使わずに、普通に日本語話していたよ」矢継ぎ早に、宇宙人とのコンタクトの話をした。

職場のある駅に着き、椅子から立ち上がり、忘れ物がないか振り返った。そこには、宇宙人が座っていた。気づかなかったが、ずっと僕の隣に宇宙人がすわっていたのだ。

一瞬やばいと思ったが、気づかないふりをしてそのまま出社。

「宇宙人。UFOではなく、電車で通勤しているよ」宇宙人がいないのを確認して友人に話をした。

その日も宇宙人の指導を任された。朝から指導をして、夕方には一通りの指導が終わる。指導が終わってからも先輩として、仕事のアドバイスは継続してすることになる。

宇宙人は僕が仕事のアドバイスをしても返事もしない。喋りもしない。テレパシーも送らない。

宇宙人とコンタクトがとれない。

宇宙人に無視されている。貴重な体験とも思ったが、恐怖も覚えた。僕はキャトルミューティレーション(宇宙人による誘拐)をされて、別の星の人間牧場に連れて行かれることになるのではないか。

宇宙人は正体がばれたのことに頭にきたのかもしれない。宇宙人と見破ったのは、職場で僕だけだったのか。

ある時、宇宙人と職場の人が、僕に気づかず近くで話をしていた。

宇宙人「◯◯(僕)大っ嫌いなんだよ」
職場の人「なんで?」

宇宙人「人を宇宙人呼ばわりするから」
職場の人「間違ってないじゃん」

宇宙人の顔がみるみる赤くなっていく。

宇宙人と気づいていたのは一人だけではなかったようだ。

その後、宇宙人はすぐに仕事をやめてしまった。おそらく自分の星に、UFOで帰ったのだろう。

宇宙戦争をまぬがれ、宇宙人から学んだこと

この事件をきっかけにして、僕が人の悪口を言ったり、噂話を積極的にしたりすることをやめた。宇宙人と思われる人間を、宇宙人と見破ったとしても、本人に指摘することはやめた。

今回は、個人と宇宙人との、一対一の戦いだった。

複数相手だったら。下手をしたら、宇宙戦争に突入する可能性もあった。

今思うと、キャトルミューティレーションも、侵略もされなかったことを考えると、実は良い宇宙人だったのかもしれない。

人や宇宙人に限らず、悪口や噂話はしないほうがいいだろう。

悪い宇宙人相手だったら、キャトルミューティレーションされ、別の星で人間牧場に送られ、一生苦しむことになるだろう。

スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大