ブックファースト中野店|町の本屋から専門の本屋へ

こんにちは、ネコテラスです。

わが町中野についに巨大書店が誕生しました!

もともとあおい書店という書店がありましたがそこをリニューアル。本日ブックファースト中野店として生まれ変わりました。

「地域最大750坪80万冊の蔵書は、知的好奇心を満たします」のキャッチフレーズに嘘はないのか?

早速実際に行って確かめてきました。

スポンサーリンク
レクタングル大




80万冊の蔵書は知的好奇心を満たしました!営業時間も長い!

本とはいささか遠ざかりますが、本屋のすみに異色の黒船が居座っています。入り口すぐ左にアイサポ中野店という、アイフォンの修理を専門にしているお店ができている。本屋さんだけでは経営厳しいのか。

アイフォン修理店を筆頭に、文具・雑貨売り場、カフェnota novaとお店が増えてために、前のあおい書店より本屋としてのスペースが減っています。

その代わり、本棚の高さが大きくなり、本棚の数も増えたので、本の数は増えています。ただ、前より狭く感じ、若干の息苦しさも。そのぶん、本に囲まれている感覚が前より強く、集中して本に没頭できる環境が整ったと感じます。

例えるのであれば、あおい書店の時は「街の気軽な本屋さん」

ブックファーストになってからは「本専門の本気な本屋さん」と言ったところであろうか。

蔵書の数も増え、より専門的な本が増え、地域最大750坪80万冊の蔵書に嘘はないです。新宿のブックファーストに次ぐぐらいの蔵書です。

ところどころにベンチがあり、読み切れるはずのない書の海で溺れる前に、ベンチで休むことができる。おそらく購入前の本をベンチで読むことはできないと思います。

本を検索する機械が増えて、検索待ちにはなりにくくなりました。

レジカウンターが、1階と2階の真ん中にできたのは嬉しい変化。どの位置からでもレジが近いのは便利。

営業時間が朝の9時〜23時。そこまで遅くまでやらなくても良いのでは?と思うぐらいです。

フードコートのような呼び出しのcafe nota nova

あおい書店の時と同じく1階が人気のある本(雑誌、コミック、文庫、新書)2階に専門的な本が集まっています。

あおい書店の時と大きく違うのが、2階片隅にカフェがあることだ。リニューアルに当たって一番期待したのがこのカフェ。

なぜなら、ブックカフェが好きで、休みとなれば一日ブックカフェに入り浸っていることがあるからだ。

今回新たしくできたカフェは、残念ながらブックカフェではなかったです。購入前の本の持ち込みをすることはできません。カフェの片隅に、誰でも読める本が並んでいるわけでもありません。

良いところもあって、ブレンドコーヒーが250円とかなり安いです。本屋さん横のカフェとしては珍しく、ガッツリ系の食事メニューもたくさんあります。

一部の席に電源プラグの差し込み口があり、なおかつWifiも飛んでいるので、ノマドの人には重宝できるカフェ。

購入した本をゆっくり楽しむ使い方が良いのかも。

ガッツリ系の食事メニューがあるせいか「何番の方〜、食事の用意ができました〜」と、フードコートさながらの呼び出しがかかり、本を楽しむのに興ざめしたことも事実である。

カフェの前には文具・雑貨店があるため、食事呼び出しの声が本を探している人の耳には届きにくいのは救いか。

1階に中野の逸品グランプリに選ばれたこともあるカフェがあり、すぐ近所にベローチェもあり、急にカフェ激戦区に。

ベローチェはライバルの出店に危惧したのか、50円割引券を大量に配っており一人で5枚ももらってしまいました。

新店舗のカフェではなく50円引き券を使い、ベローチェで格安ブレンドコーヒーを飲みました。

ブックファーストは、痒いところに手が届く良い本屋です。

終わりに

ブックファーストができて助かりました。あおい書店がなくなり本屋難民だったので。

これからは、イトーヨーカドーで買い物をして、ブックファーストで本を買ってカフェで休む。良い流れが1店舗でできそうです。

ブックファーストは、中野を代表する本屋になること間違いありません。

隣のカフェの記事はこちら:
ブックファースト中野カフェnotanova(ノータノーヴァ)|本屋の片隅にあるカフェ

ブックファースト中野
営業時間:9:00 ~ 23:00
定休日 :無休
アクセス:JR中野駅北口 中野サンプラザ隣

スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大