1週間水だけで断食しても、世界の恵まれない子供達の気持ちは全くわからなかった

はじめての断食は、1週間水だけで過ごす断食だった。
1週間食を断つという行いをして、なぜか幸せな気分になった。理由は明確ではない。
最初の断食で幸福感をあじわってから断食にはまり、数々の断食道場を訪ねた。

断食をはじめたきっかけは精神修行だ。
はじめこそ精神修行きっかけだったが、2回目以降はダイエット理由のときも、健康増進を理由にした事もあった。

断食道場に住んだこともあったし、自宅で断食をすることもあった。

断食をすることによって、断食をする様々な人に出会うことになった。
断食をする人達の理由は様々。ほとんどの理由が、ダイエット、健康増進、精神修行のため。

少数だが「世界の恵まれない子供たちと、同じ気持ちになりたい」という人がいる。
もしくは断食終了後「世界の恵まれない子供達の気持ちがわかった」という人がいる。

だいたい断食道場で断食する人は、短くて1日、長くても1週間ぐらいだ。たった1週間たらずの短い時間で、世界のめぐまれない子どもたちの気持ちはわかるのだろうか。

断食をする人たちが言う「世界の恵まれない子供達」の定義は、まともに飲み食いできな子供達のことを言っているのだろう。
断食をすることによって、世界の恵まれない子供達の気持ちがわかった、というぐらいだからだ。

言い換えれば、世界の恵まれない子供達は、飢餓の人々ということになる。では、断食と飢餓はどう違うのだろうか。断食と飢餓の違いを考えた。

断食は、自分で行くと決め、自分で期間を決め、自分の判断で食事を我慢すればいい。
飢餓は、食べたくても食べれない、いつ食事ができるかも、いつ飢餓が終わるかもわからない。
飢餓の人が、進んで断食などするわけではない。飢餓の人たちにとって断食とは、平和な世界にいる人間の贅沢な行いにしかならない。

断食は最低限のルールを守れば、一日寝ていても問題ない。
飢餓は、働かなければいけない。
成田山の新勝寺で1週間断食したときは、暇すぎて暇を潰すことが大変だった。飢餓の人はお腹がすいて動けなくても働き、その日暮らすだけのお金や食料を手に入れなければ、その時点で命にかかわる。

断食は、水をしっかり飲める。
飢餓は、水すら飲めない人もいる。
どんな断食道場に行っても、食をやめることはできても、水を取ることだけはやめさせない。水を飲まなければ、命に関わることを知っているからだ。飢餓の人は、まともに水を飲めない。泥水をすすってでも生きている人もいる。

断食は、雨風しのげる家がある。
飢餓は、それすらない人がいる。
どんな断食道場でも、最低限の雨風をしのげるだけの場を提供してくれる。エアコン付きで快適な場所もある。飢餓の人は、家すらない。マンホールの中で眠るような子供もたくさんいる。

断食は、健康な人が行う。
飢餓は、健康な人はほとんどいず、病院すら行くことができない。
断食をするには、道場にもよるりますが、あらかじめ健康診断が必要だ。断食中に何か問題があれば、すぐに救急車がきて病院に運んでくれる。管理人もいるので、何かあった際の対応も万全だ。
飢餓の人はどうだろうか。健康診断を受ける機会もない。病院も行けない。見守ってくれる人すらいない。

断食は、平和な場所で行うが。
飢餓は、戦争中の場合もある。
いつも安心で、死への不安がない中で行う断食。平和でなんの不自由もないから、断食ができるのだろう。
飢餓の人がいる国は、政治がまともに動いていない戦争中の国が多い。そんな飢餓の人は、いつも不安で、死がいつでも身近にある。

断食と飢餓の違いについて、いろいろ考えてわかったことがある。一番の違いがわかった。

それを例えるなら、京都の中心街に建てる新築の家のようだ。京都では、古い町並みの美しさを保つため、一戸建てを建てるのであれば、景観に関するルールを守って建築する必要がある。
簡単に言ったら、京都の古い町並みにあう、京都らしい家しか建てることができない。
京都の中心街にに建てる、新築の家の内装はどうなっているだろうか。実は外観には厳しいルールがあるが、内装に関してはほとんど制限がない。洋室にしようが、和室にしようが、外観のルールを守れば問題なし。
中身は最新の設備で、大理石だらけの、西洋のお城のようにしても問題はない。
断食と飢餓でも、お腹がすごい減っているという意味では同じだ。
断食している人、飢餓の人たち、一番の違いは心の違いだ。
中身は全く違う。

お腹が減っているのは同じだ。環境を似せたらどうなるだろうか。
山奥の全く人気のない場所に一人出向き、食事も、水も撮れない状況にし、困った時に助けてくれる人もいなく、病院もなく、雨風しのげる場所もない。
でも、断食して飢餓の人のような状態に似せて、環境を飢餓の人たちの生活環境のように似せても、結局安心な世界に生きていることは変わらない。

日本に住む僕らは、平和を後ろ盾に生きている。どんな生き方をしても、飲み食い住む場所に困ることはそうない。

今飢餓の中にいる人に、食を与え、日本と同じぐらいの平和な環境を与えたとしても、飢餓の子どもたちの心が変わらなければ、ある種の心の飢餓のままだ。

日本という平和な国にいながら、食に溢れ、環境に恵まれながら、心は飢餓という人たちがたくさんいる。
日本という平和な国にいながら心は飢餓のような人たちは、自分の未来が幸せになっていく姿を、思い浮かぶことができないのではないか。
今の自分がこのまま頑張っても、幸せになれないと思ってしまう。
幸せになるのは、自分以外のまわりだけ。

体、環境、心は三位一体だ。互いに影響を与えあっている。
環境を良すれば、体と心が良くなることもある。
体を良くして、環境と心が良くなることもある。
心を良くして、体と環境が良くなることもある。

日本は、環境も体も良い。心がよろしくない人が多いと思う。

飢餓の人々全てに、良い環境と、食料、水を、行き届けることは難しいかもしれない。
いま住んでいる国が、いつか平和になる。
その時、環境良くなり、食料水も困ることもない、未来の平和への希望、幸せの希望を持てる心があるのであれば、一見飢餓で不幸の中にいるようだが、その人の心は、内面から幸せになることを約束されているのではないか。

飢餓の人々に、幸せになれるという生きる希望を与える。
心を良くして、体と環境が良くなる。
三位一体だ。心ひとつ良くすれば、体、環境がよくなくても、幸せになれる

僕は何度も断食を繰り返した。いくらお腹が減っても、
「世界の恵まれない子どもたちの気持ちはわからなかった」たぶん、これからもわからない。

断食をして「世界の恵まれない子どもたちの気持ちをわかりたい」という志を持っている人、それを否定することはない。

断食を何度もして「世界の恵まれない子どもたちの気持ちはわからなかった」が、
断食を何度もして「世界の恵まれない人々を、幸せににするヒント」は得た気がする。

スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大