仮想通貨で億万長者になりたければ行きたい東京の金運パワースポット

スピリチュアル

仮想通貨(暗号通貨)で億万長者になりたい。

そんな夢を見る人多いですよね。仮想通貨で億万長者になる方法はいろいろありますが、最後に必要になるのは運です。

そこで、仮想通貨運が上がるパワースポットを探してみました。仮想通貨運、勝負運、金運を上げて、億万長者を目指しましょう。

仮想通貨で億万長者になるのは夢ではないです。

スポンサーリンク

仮想通貨運、金運、勝負運が上がるパワースポット一覧

もみじ谷の蛇塚(港区芝公園)

東京タワーの東側すぐ横にあるもみじ谷。

東京のど真ん中でありながら、木々がうっそうしており、人工的ではありますが、自然がたくさんあります。日があまり届かず薄暗い。都心にいることを忘れさせてくれるような穴場の癒しスポットです。

もみじ谷の奥の方にお地蔵様が並んでいます。一番左奥の大きいお地蔵様の裏に、蛇の像、蛇塚があります。リアルとぐろを巻いた白蛇の像です。のぞきこまないと確認できません。宝探しをしているようなものです。

この蛇の像をお参りすると、金運がったり、出世すると言われています。

由来は、東北から来た酒屋を営む女将さんが、家で蛇を見たり、ヘビが夢の中に現れることがりました。その度に、商売はどんどん繁盛。タンスから蛇の抜け殻まで見つかることがあった。ヘビが自分の守り神と確信し、感謝ために蛇塚を建てたのが由来です。

神戸岩(かのといわ)檜原村

東京都で唯一の村、檜原村。神戸岩は檜原村中にあります。

神戸岩は、長さ60メートル、谷底の幅は4メートル、西側の高さは100メートルもある巨大岩。東京都の天然記念物に指定されています。

石の扉が開きかけているように見え、天岩戸を想像させるという説が由来です。近所には、大嶽神社、払沢の滝とパワースポットが集中しています。

払沢の滝には、古くから大蛇が住むと伝えられて来ました。ヘビは金運に恵まれていると言われています。

パワースポットをまとめて周り、金運をチャージしましょう。

王耑👁👁さん(@gram_mz)がシェアした投稿

宝禄稲荷神社(ほうろくいなりじんじゃ)新宿区

宝くじ当選、受験合格、子宝、ギャンブルの勝利、選挙当選など。勝負祈願で有名な神社です。

仮想通貨投資にも効果ありそうですね。

一陽来復で有名な穴八幡宮の末社でもあり、宝禄祭りの時には、外れくじを供養するという珍しい行事もあります。

穴八幡宮(あなはちまんぐう)新宿区早稲田

1641年寛永18年)宮守の庵を造るため、社僧良晶が南側の山裾を切り開いていると横穴が見つかり、中から金銅の御神像が現れた。掘った人は「芽出度い」と大喜びし、以来、「穴八幡宮」と称するようになった。3代将軍徳川家光は、この話を聞いて穴八幡宮を幕府の祈願所・城北の総鎮護とした。

出典:wikipedia

いかにも金運が上がりそうなエピーソードです。商売繁盛や出世、開運に利益があるといわれています。仮想通貨運もきっと上げてくれるでしょう。

一陽来復のお札もおすすめです。金銭融通の御利益があると言われていて、昔から多くの人が御利益を求め人が集まります。

冬至から節分の間にこのお守りを頒布しています。超期間限定で、多くの人が行列に並びます。

年末年始の値動きの激しい時、もっていると効果ありそうですね。

小網神社(こあみじんじゃ)中央区日本橋

強運厄除の神様。仮想通貨大暴落の時こそ、頼りたい神社です。

強運の由来は、一面焼け野原になった東京大空襲の際、社殿や境内の建物など、奇跡的に戦災を免れたこと。

また、第二次世界大戦の際に、小網神社のお守りをもらった氏子全員が、生還したことも由来となっています。

小網神社の境内にある銭洗いの井で、金銭などを清め財布に入れておくと、金運が上がるといわれています。今では東京銭洗弁天と呼ばれることもあります。

仮想通貨を洗うことは難しいです。ハードウォレットにいれて洗うと効果あるかもしれません。(壊れても責任は取れません)

勝利八幡神社(しょうりはちまんじんじゃ)世田谷区桜上水

名前のインパクトがすごい。名前の由来は、日露戦争に出兵した氏子が、無事に生きて帰ったことが由来です。

行っただけで、勝利した気分になりそうです。スポーツ関係の参拝が多いようです。

東郷神社(とうごうじんじゃ)渋谷区

日露戦争で、日本を勝利に導いた勝利の艦長、東郷平八郎が祀られています。神社のご利益は勝利。

仮想通貨の勝負に勝ち、億万長者になるためには勝利する必要があります。ここぞという勝負の一手を仕掛ける前に、参拝することをお勧めします。

皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)新宿区

皆中と書いて「ミナアタル」と読めます。くじ運、ギャンブル運、勝運に良いとされています。

由来

天分2年(1533年)9月のある夜、稲荷大明神が鉄砲組与力の夢枕に立ち射撃を伝授した。その霊験が評判となり、皆中稲荷(みななかのいなり)と呼ばれるようになった。その後「当たる」ものに利益(りやく)があると人気をあつめ、現在は「賭けごとの神」として親しまれている。

引用:wikipedhia

仮想通貨をやる人みなあたり、億万長者になりましょう。

nico_storiaさん(@nico_storia)がシェアした投稿

代々木八幡宮(よよぎはちまんぐう)渋谷区

仮想通貨で一発当て、出世したいなら代々木八幡宮がおすすめ。

代々木八幡宮本殿の横に、参拝すると出世すると言われている、出世稲荷大明神があります。

出世稲荷大明神の参拝には順番があるので、間違わないように参拝しましょう。最初に拝殿、その後、榛名社、天神社、稲荷社を参拝した後に、出世稲荷大明神を参拝します。

 

出世目当ての現世利益だけ優先して、出世稲荷大明神だけを参拝するのは、主祭神に失礼ということでしょう。

miki to beさん(@pinknosaru)がシェアした投稿

終わりに

この記事を書いたのには理由があります。

購入したばかりの仮想通貨が全て大暴落しました。現状弱くなった握力でホールドしています。このまま下がり続ける可能性もあり、もう神にすがるしかありません。

同じような境遇の人はおおいと思います。良いパワースポットを紹介し、みんなで神頼みをし、みんなで億万長者になることを願い、記事を書きました。

みなさんに幸運があることを祈ります。

コメント