予想外の場所に写った座敷わらし!緑風荘の幸せになれる写真

スピリチュアル

「手っ取り早く幸せになりたい!」緑風荘に行こうと思ったきっかけは簡単な理由だった。

岩手県二戸市金田一温泉郷にある緑風荘には、座敷わらし伝説がある。座敷わらしに出会った人、不思議な体験をした人、必ず良いことがあると言われている。

10年以上前、僕はヒッチハイクで日本縦断の旅をしていた。この旅の途中、幸せになるため緑風荘に行くと決めていた。

順調に旅を進め宿泊した函館のユースホステル(相部屋の宿)。一緒の部屋になった旅の友に座敷わらしの話をした。すると、彼は乗り気になり「俺も幸せになりたい、一緒に幸せになろう」と言い、緑風荘まで二人で行くことになった。

函館から緑風荘まで、旅の友の車で、幸せになるため僕らは緑風荘に向かった。

スポンサーリンク

槐の間に現れた巨大なオーブ

旅を楽しみ、寄り道しながら緑風荘に到着。よくよく考えれば予約もなにもしていない。

旅は無計画。「なんとかなるさ」という考えの持ち主なので、勢いで泊まれると見込んでいた。

玄関を開けると、笑顔の素敵なご主人が登場。

ご主人に「予約をしていないけど泊まれますか?」と聞くと、「君たちは旅人?」ときかれ、「ヒッチハイクで旅をしている」と僕は旅の理由を話す。

ご主人は「よし、一泊二食つきで5000円でよし」と頼んでもいないのに割引してくれた。

さすがに一泊二食つきで5000円で、座敷わらしがでると言われている槐(えんじゅ)の間に泊まることはできなかった。

槐(えんじゅ)の間は、3年先まで予約でいっぱい。座敷わらしがでる部屋とは別、普通の6畳の部屋だった。なんとかなって宿を確保することができた。

ご主人に聞くと「槐の間以外の部屋にも、座敷わらし遊びに行くことがあるよ」と言ってくれるので期待が膨らむ。

ご主人の親切で「槐の間にお客様がいない間、部屋を見てもいい」と言ってくれた。槐の間に行くと、槐の間に泊まれなかったお客さんが全員集まっていた。

槐の間の床の間に、たくさんのおもちゃがある。座敷童子にあうことができた人、幸せになることができた人、お礼にプレゼントとしてもってくるそうだ。

みんな、槐の間で写真を撮りはじめる。ほうぼうから「きゃー、なんか写っている!」、「オーブ写っているよ!」と、写真を撮るたび当たり前のようにオーブが撮れているようだった。

せっかくだからとデジカメで写真を撮ると、何枚とってもすべての写真がオーブだらけ。オーブが写っていない写真をとるのが難しいぐらい。こんなに簡単に不思議な写真が撮れるのにもかかわらず、恐怖心は全く無かった。

オーブだらけの写真が撮れ、調子に乗りすぎてしまった。当時ヨガを習っていた僕は「超キレイなブリッジをするから、その瞬間を写真に撮って」と旅の友人に頼んだ。

部屋の真ん中で仰向けになり、手のひらを床に向けて顔の横に置き、呼吸を整え、一気にブリッジのポーズをした。

まわりの宿泊客も「すごーい」と言ってくれる。

いくらヨガのベテランでも、ブリッジの状態で長く静止することはむずかしい。

旅の友人に「撮って、早く撮って!」と主張するも、旅の友人は「シャッターがおりない」と言い出す。必死でブリッジをし続ける僕。かたや必死にシャッタを何度もおす旅の友人。

その攻防をしばらく繰り返す。勝敗がついたのかフラッシュがまばゆく光った。フラッシュと共に床に倒れこんだ。

ぼくは息も絶え絶え「早く撮ってよ」と苦情を言う。旅の友人は「なんか、すごいの写っているよ」とカメラをわたされる。たった今撮られた自分の写真を見てみる。

ブリッジをしている僕のお腹、ちょうど丹田と言われいるところの少し上に、すごい大きくはっきりしてオーブが写っている。バレーボールぐらいはあるかもしれない。通常のオーブの10倍ぐらいはある。

ご主人に見せると「君の上に座敷わらしが座ったんだな。君はきっと幸せになるよ」と言ってくれた。珍しいだから写真を送って欲しいとまで言れた。

ご主人は、槐の間で撮れたお気に入りの写真を集めている。そのアルバムも見せてくれた。とんでもない写真だらけだった。

その写真の中に僕の写真をいれたいと言うのだから、ご主人から見てもかなり珍しい写真だったようだ。

ご主人の写真集はたしかにすごい。でも、自分の写真の方がだんとつで上だと思った。

一度部屋に戻り、お風呂に入り旅の疲れを取る。

お風呂を出た後、部屋に戻ろうとしたら、暗がりから誰かがやってくる。浴衣を羽織っているが、帯を結んでおらず、前が全部見えていた。よく見えたらお世話になったご主人だ。

ご主人は「すまん、すまん」と言って、浴衣を右、左と閉じて、立ち去っていった。違う座敷わらしをみてしまった気がした。

緑風荘での不思議な体験

残念ながら部屋に座敷わらしが遊びに来ることはなかった。疲れていたせいかふたりとも完全熟睡。もしかしたら、遊びに来ていたのかもしれない。睡眠欲のほうが勝ってしまった。

朝食に向かい席に着く。隣の席になった人と話していると、よくよく聞いたら、槐の間に泊まった人だった。その女性2人に、槐の間での一夜を聞かせてもらった。

二人は並べた布団に入り、しっかり熟睡したそう。深夜2時ぐらい。突然おもちゃが動き出す。おもちゃが動く音にびっくりして起きてしまったそうだ。

怖くなり電気をつけて寝ると、今度は深夜4時ぐらいに、布団を下方向に「ざぁーっ」と引っ張られたそうだ。起きてみると、そこにはだれもいない。

知らない誰か。座敷わらしかもしれない。人ではない何かに引っ張られたそうだ。その後は、怖くて一睡もでず、朝まで起きていたそうだ。

緑風荘のその後

この話は10年以上前の話。その後、緑風荘は火事になり再建した。

作り直した緑風荘の槐の間は、泊まることはできないけど、宿泊者共有の場所へ変更された。いつかまた、新しい緑風荘でブリッジしたいと思う。

また大きなオーブが撮れるかもしれない。

座敷わらしの写真が撮れて、幸せになったかどうかはわからない。でも、今こうやって振り返り、ブログを書いているということに、ささやかな幸せと感じている。

座敷わらしが乗った写真を、旅先でお世話になった、自営業をしている人に譲ったことがある。

しばらくすると連絡が来て、写真をもらってからどんどん売上が上がり、写真は引き伸ばして、額に入れて飾っているそうといっていた。

緑風荘に泊まると怖い体験をするかもしれない。でも、その体験が幸せにつながっているかもしれない。

緑風荘行って損はなし!

コメント