【体験】ヴィパッサナー瞑想に行ったら「病院へ行ってくれ」と言われた話

スピリチュアル

ヴィッパサナー瞑想とは、物事のありのままを見るという意味の古くからある瞑想法で、ブッダもヴィパッサナー瞑想やっていたと言われている。

昔、京都にあるヴィッパサナー瞑想のセンターで、10日間の瞑想合宿を体験してきた。

座禅好きで、なおかつブッダ好き、さらにはヨガまでやっている。もうヴィパッサナー瞑想に行かない理由がない。

チャンスがあれば、いつか行きたいとずっと考えていた。10日間となると、仕事の都合上なかなか実行できない。

たまたま、まとまった休みが取れたとき、運良く京都ヴィパッサナー瞑想の空きもあり、参加することが叶った。

ヴィパッサナー瞑想は戒律が厳しい。

朝4時起床、夜9時30分就寝。その間、休憩、食事、散歩、シャワーの時間はあるが、それ以外の時間は瞑想の時間となる。瞑想の時間は1日合計したら、10時間近くになる。

合宿所に集まった人数は、男女それぞれ50人。合計して約100人は来ていた。完全に男女をわけているため、初日と最終日以外、女性と顔を合わせることはない。

一切のコミュニケーションを禁止されていて、10日間指導者意外との会話は禁止。目を合わせることすら禁止されている。

このヴィパッサナー瞑想のやり方、方法、詳細など、口外禁止と言われてたので詳細な記述はさける。

戒律がきびしいことが原因で起きた奇跡!?の出来事。その詳細を書かせていただく。

スポンサーリンク

コミュニケーションを禁止することによって起きる出来事

一切のコミュニケーションをを禁止されて10日間、会話、独り言、喋ることをしないと、不思議な現象が起きる。

夜になるとみんな寝言を言いだすのだ。部屋が8人部屋の大部屋で、布団と布団の感覚はほとんどなく密着状態。

もう寝言の大合唱状態だった。起きている時間に会話はしないけど、寝ている時間限定で、会話しているようなものだ。

ヴィパッサナー瞑想最終日は、会話することができるようになる。最終日みんなに聞くと「普段は寝言など言わない」といっていた。

おそらく、会話をしないことによって、口の筋肉を弱らないようにするために寝言を言い、筋力低下を防ぐのではないだろうか。

同部屋の人で、寝言が際立ってすごい人がいた。部屋でみんな寝ていると、突然一人「ムクッ」と半身だけ起き上がり、壁の方に指をさして、突然「わっはっはっ」と笑いだすのである。しかも、それが毎日続く。

寝言がすごい人の隣に、外国の人が寝ていて、その外国の人の隣に僕が寝ていた。

例のごとく、寝言がすごい人が壁に向かって笑い出したら、外国の人が「are you ok?」「are you ok?」と会話禁止にもかかわらず心配そうに聞いていた。

ヴィパッサナー瞑想のやりすぎで、本当に病気になってしまったのかと心配したに違いない。

寝言がすごい人は、笑い疲れると、眠りについたようだった。

 

ヴィパッサナー瞑想に行ってまさかの一言

寝言の大合唱は、ヴィパッサナー瞑想の終わりが近づくにつれ、ますます激しくなっていった。

人の寝言の凄さ、それはさんざん聞かされてわかった。会話禁止のため、自分がどれだけ寝言を言っていたかわからない。

普段寝言を言うことはあった。ヴィパッサナー瞑想という特殊環境での限定された空間で、自分がどれだけ寝言を言っているかを知りたかった。

瞑想最終日。会話ができるようになった。みんな思い思いに会話をしている。
同部屋の一人が突然僕に話しかけてきた。

「君は、いびき、歯ぎしり、寝言、睡眠時無呼吸症候群がひどいから、病院行った方がいいよ」それを言ったのは、寝ている最中に壁に向かって笑っていた人である。

僕は隣に寝ていた外国人の言葉を借りるなら「are you ok?」と言いたかった。

「お前に言われたくないよ」とも言いたかった。

「一緒に病院行こう」と言いたかった。

いろいろ迷ったが、すべて聞き流した。

僕がヴィッパサナー瞑想に行って得たものは、睡眠障害がひどいという確かな事実である。

その後、睡眠外来に行くことはなかった。

コメント