アニメ好きでテレビ嫌いの矛盾

みなさん、こんにちは。
ネコテラスです。

兼ねてから疑問に思っていたことがあります。

「テレビは大嫌いだ!」と言う人会ったことありませんか?

テレビを見ない人は昔からいます。だからと言って、明確に嫌いと主張することはありませんでした。

昔からテレビを見ない人は、単純にテレビという媒体が合わない、テレビを見る習慣がなかった、なんとなくながら見するのがきらい、そんな理由が多かったです。

ネコテラスの逢った最近のテレビ嫌いは、ネットの情報を見てテレビを嫌いになった、と言う理由がほとんどです。

その内容のほとんどが、テレビは嘘ばかり、某テレビ局はヤラセしか放送しない、某テレビ局は嫌いだ、情報弱者がテレビを見る、テレビを見る人は養分だ。だいたい共通してこんなことを言う。

ネット普及前のテレビを見ない人と、ネット普及後のテレビを見ない人では、見ない理由に隔たりがあるようだ。

ネコテラスの最近逢ったテレビ嫌いのほとんどは、どういうわけかアニメオタクでネトウヨばかり。

このアニメオタクで、テレビ嫌いの人に疑問を持っています。もうおわかりですか?

「アニメはテレビで放送されていたものにも関わらず、なぜアニメは大好きなのか?」

アニメは基本的にテレビで放映されているものです(一部例外あり)。テレビは映像を映す箱。PCも映像を映す箱。見る箱が違うだけで、映像内容は同じ。

テレビのスイッチを入れる。PCで動画サイトをクリックする。映像内容は同じ。

テレビ嫌いの人は、テレビという箱そのものが嫌いなのでしょうか?

実際にアニメ嫌いのネトウヨにこの疑問をぶつけたことがあります。いずれも口ごもってしまい、「それを言われるとちょっと・・・」と変な感じになる。誰もこの疑問に納得いく答えを出してくれたことがない。

テレビは嘘ばかりというが、アニメは全てが嘘ではないだろうか。現実にいない人、現実にはない設定、異世界に飛び出す。ノンフィクションのアニメなら、ストーリーは本当ということになる。

アニメ自体を否定するつもりはない。ネコテラスもたまに見ます。現実にない設定があるからこそ面白い。

「テレビを見るのはCMスポンサーの養分だ」、という人もいる(ここで言う養分は金づるという意味)。ネットでアニメ動画を検索すれば、大概広告アフィリエイトが貼ってある。クリックしようが、クリックしまいが、広告を貼っているサイト管理人にお金が入ることに変わりはない。

情報弱者という言葉が、どういう人を指すのかがわからない。おそらく、金づるになっている人のことを指しているのだろうか。自分たちもしっかり広告を見ているのに。

アニメ好きでテレビ嫌いの人は、自分が見たものが真実で、それ以外は嘘だと思っているのだろうか。

誰か明確に根拠を持って教えてほしいです。

スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大