ベローチェでチョコボールを飲む!いちご、キャラメル、きな粉もち味にも挑戦

体験・取材・調査

超常連のカフェ・ベローチェと、超好きなチョコボールがコラボレーション!飲むチョコボールが誕生しました!正式名称は、「ホットチョコレートwithチョコボール」。

ベローチェと森永のコラボレーションの経緯は不明。個人的に好きなもの同士がコラボレーションしてくれたことに感謝。

チョコボールが好きなのは、昔から身近にあった駄菓子で、よく食べたことが理由の一つ。もう一つは、行くと必ずエンゼルが出るという神がかったスーパーが、横浜のワールドポーターズにありました(現在は閉店)。

僕の神スーパーでの成績は、3回購入して3勝2敗。金のエンゼルが1枚、銀のエンゼル1枚をゲットです。金のエンゼルを狙ったことがある人には、すごい勝率だと思ったのではないでしょうか。

比較をすると、チョコボール開封おじさんという人は、毎日チョコボールを食べ続け、1409個チョコボール食べて、やっと金のエンゼルがでています。

今でも実家では、金のエンゼルで交換した黄金のキョロちゃんが、輝きを失わずに我が家を守っています。

そう、チョコボールには、エンゼルをゲットできるというスリルがあるです。これが、もう一つのチョコボールを大好きな理由。

愛する二人がコラボレーション。これは飲まずにいられません。

早速いつもどうりベローチェに出現。普段見ないキョロちゃんが、己を主張している。ベローチェのエンジ色と、キョロちゃんの顔色は、同系色で自然とよく馴染みます。

ホットチョコレートwithチョコボールは、ホットチョコレートに、チョコボールスタンダード(ピーナツ入り)と、チョコレートを入れ、よく混ぜて出来あがり。

ここで一つ疑問に思ったことがあります。なぜ、スタンダードのピーナツチョコボール味のみなのか?

他にも味があるにもかかわらず。ベローチェは味を絞ったことによって、かなりの機会損失を被るのではないかと。

そこで、あらかじめお菓子のまちおかに寄って、チョコボールいちご、キャラメル、金のきな粉もち味を購入。ベローチェーへ挑んだ(本当は持ち込み禁止です)。

写真上(ピーナツ)、写真左(キャラメル)、写真真ん中下(いちご)写真右(金のきな粉もち)。

写真で見ていただくとわかりますが、ベローチェのチョコボールだけ大きい。特別仕様のようです。キョロちゃもお産が大変だったと想像します。

こうしてみると、宝箱のようですね。

まずはスタンダードのピーナツから。結果からいうと、ベローチェが推奨するだけある。美味しい。

チョコボールを口に含むと、チョコボールのチョコレートと、ホットチョコレートがよく馴染み、チョコレートとチョコレートのぶつかり合いが新たな味を作る。

チョコレートを味わってから、あらに、咀嚼をした瞬間にピーナツが世界を作り出す。予想以上の仕上がり。謎のコラボレーションだからこそできた味です。

ランキングにすると意外にも2位。

ここから紹介する、いちご、キャラメル、金のきな粉もちは、通常メニューにはありません。店員さんに隠れて、こそこそと投入。

まずは、キャラメル味。飲む前に想像したのはキャラメルマキアートのような味。飲む前に、一番美味しくなると想像したのがキャラメル味。

実際に試してみると、チョコとキャラメルの間に、バリアーがあるように感じられた。味が絡み合わない。どちらも自己主張をしすぎて、コラボレーションにならない。この感覚はいちご味でも同じ。

最後に登場したのは、50周年限定、金のきな粉持ち味。

これが予想以上に美味しい!チョコレートとよく馴染み、後からやってくる舌の上のモチモチ感は、キョロちゃんのほっぺのよう。チョコレートともちの相性がこれほど相性がよいとは。

ベローチェと森永が、ピーナツ一本に絞ったことは否定しない。もしも、金のきな粉もちコラボレーションをしていたら、売り上げは2倍だったかもしれない。それぐらい美味しいかったです。

ランクキングにしてみました。

1位:金のきな粉もち味
2位:ピーナツ
3位:キャラメル
4意:いちご

きんのきな粉もち味も期間限定で、ホットチョコレートwithチョコボールも期間限定です。もし試すのであればお早めに。(本当は持ち込み禁止ですよ)

飲み終わりの頃に気づいたのことが、チョコボールのピーナツがでかすぎて、溶けた後でも飲み口から外に出てこない。これは仕様?

スプーンがあるから、蓋を開けて食べてくれということでしょうか。ラムネジュースを飲むように、ピーナツが飲み口を塞いで、少しづつしか飲めない。やけど防止ということであればすごい発想です。

ベローチェ好き、チョコボール好き、そうでない方にもオススメの飲み物です!

コメント