日本一美しい屋久島の絶景が教えてくれた、宇宙一美しい人間の心

「明日までに、混浴で女体を拝む」私は力強く力説した。

「もう無理じゃない。台風だし」ゲストハウスの仲間は、ドラゴンフルーツを切りながら返事をする。

屋久島に来て約2週間。行きたいところはほぼ行った。ひとつだけ行きたくても行けない場所がある。

その場所は温泉であり、普通の温泉ではない。海中にあり、潮が引いた時だけ入れるのだ。干潮になり温泉に入れるのは、1日2回の昼と夜。干潮の前後、約2時間だけ入ることができる。しかも混浴。

「最終日は晴れるから、なんとかなるでしょ」私は配られたドラゴンフルーツを食べながら言った。ここ何日か台風の影響で大雨。天気が良くても、波が高ければ温泉に入ることはできない。

「潮が引いていなくても、波が高くても、意地でも入る」私が無理難題を話すと、「それじゃ海水浴じゃん」と返されてしまった。満潮になったら、温泉は海に沈むのだ。

帰りの日程が決まっているため、温泉に入るチャンスは後1日のみ。屋久島のメインディッシュは混浴だと意気揚々と就寝。

あくる日、ゲストハウスのオーナーに温泉に入れるか確認。すると、昼は高波の影響ではいれないが、夜は問題ないとのこと。

屋久島のゲストハウスに宿泊していた温泉難民を集め、混浴ツアーに出発。温泉への道は徒歩10分程度。街灯はほとんど無いに等しいので、懐中電灯を借りて、探り探り歩いて行く。空を見ると星はキレイだが、懐中電灯が明るするのが原因なのか、東京の空と変わらないなと思った。

温泉にはいれない期間が長かったせいなのか、たくさんの人が集まっている。温泉はゴツゴツした岩礁の中に、2メートルぐらいの大きな穴があり、その穴が湯船となる。着替え専用の場所はなく、岩陰で着替えをすることに。懐中電灯を消すと、1メートル先も見えないぐらいの暗闇になるので、気恥ずかしさはない。注意書きのような立て看板を見つけるも、暗すぎて何が書いてあるのか読めなかった。

温泉には入ったが、温泉としての効能はどうとか、泉質はどうだったの感想はない。それはなぜかというと、温泉に入った感想より、温泉から見る絶景がすごすぎたためだ。

目の前に水平線が見え、その真上に大きな満月。満月が海の上に映し出されてゆらゆらと揺れている。量斜め先にある岩礁に高波がぶつかり、どこかの映画のオープニングのように、繰り返し繰り返し波が打ち付けられる。波の水しぶきが目の前で飛び散る。

それを見上げると、数え切れない星がキラキラ。はっきりと天の川が見える。星をしばらく眺めていると、流れ星がなんどもなんども流れ落ちる。だいたい2分に1個ぐらいのペースだ。

温泉に入っている面々は、流れ星の多さに願い事を繰り返し唱える。温泉に入った直後はみんな「すごい」「キレイ」「わ〜」など、思い思いの言葉を口にしていたが、5分もすると無言になる。みんな絶景に見とれているのだ。

こんな絶景が見れたのは、台風一過でいつもより空が青くすんでいたことが理由だろう。台風が理由の高波も、絶景を作るいい味付けになっている。

私の人生の中でベスト3に入る絶景だ。

温泉からの絶景を見ていると、人間の心を見ているような気がしてきた。

空を見上げれば、曇り空だろうが、雨だろうが、嵐だろうが、雲を超えてしまえばいつでも月がある。

人間は、仕事人間になったり、愛に溺れたり、ストレスを抱えて生きたり、自分自身に雲をかけてしまう。見えていた月が見えなくなり、自分を忘れてしまう。

自分を忘れてしまうと、自分の中にある、大きな不変の月のような、変わらぬ心をあることも忘れてしまう。でも、見えていなくても、いつでも月はある。

それは、海面に映る月を棒切れで叩けば、海に映る月は消えてなくなる。でも、空を見上げると月はいつもどうり輝いている。

人間は海面に映る月のように、幻の中を生きて、自分という本来の姿を忘れさせてしまう。

屋久島の大自然が、人間の心について教えてくれた気がした。

30分もすると、温泉に入っていた誰かが「そろそろ出ようか」と促した。温泉に入っていた他人達は、一人が出るとみんな続いて温泉をでていく。私も続いて温泉を出ようとすると、本来の目的を忘れていたことに気づいた。

「混浴で女体を拝みにきたんだ」

周囲を見渡すと、何人かの女性が月あかりに照らされて青白く光っている。ちょうど温泉から出ようとしたのか、勢いよく立ち上がると、女性はピチピチの水着を着ていた。私の中にある大きな月に雲がかかった気がした。(本来水着禁止です。立て看板に注意書きあり)

スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大